ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-03-31 (金) | 編集 |
3月の最終日、年度末です。
6歳下の弟の、教員生活の千秋楽の日。
大きな小学校の校長として、勤めを果たし終える …
感慨深いものがあります。
5歳で母を亡くしてから、6歳で今の母に会うも、洗濯から
縫物、弁当作りまで、更に3歳下の弟と一緒によくやって来て、
学校では家庭科も教えられる先生として育ちました。
弟嫁も小学校の教員勤めをして来て、定年3年前に
弟と一緒に退職をする由。
よき伴侶に恵まれて、仲良く家庭も勤めも大切にして来たふたり、
長い間のお勤め、本当にご苦労様で、お疲れ様でした。
リフレッシュをして、今を楽しんで欲しく思います 
弟は、早速明日から校区の市民館の館長勤めを第二の
職場として始め、地域でも待ってましたとばかりに役が
まわり来ているようです。
継母の面倒もよく見てくれて、同じ親から生まれ育ちながら
出来た弟で、敬愛してやみません。 
感謝が溢れます。

私は、入院中でも口達者で言いたいことを存分に言えている
とおぼしき 継母の元気さに、これまた敬服しながら時々に見舞い、
今の出会いを楽しんでいます。
死んで閻魔様に会って、地獄行を言い渡されても、そこを適当な
場所としてちゃんと居るって … 天晴なことをぬかしてくれます。
凄まじく素晴らしい継母です。
生母とは真逆のような在りようで、必要を満たしてくれているようです。

口達者な継母と一緒では楽しめなかった料理を、今楽しんでいます。
スライサーで千切りにした人参の美しさに、しみじみ見とれながら、
ごま油で炒め、みりんと醤油、バターで味付け、ゴマを振りかけて
素材のどれもが絶妙に引き立てあっての味わい … 口に含み噛んだ
その出会いに、幸せが広がるのを感じています。
まさに一如です。

 KIMG0010.jpg
 KIMG0011.jpg

友人から頂いた甘夏ミカンでも、今年初めてのマーマレードを作りました。
次回はもう少し細切りにしましょう。
作るのも食するのも楽しみ … 生きて在ること、素材たちとの出会い…
一如を実感する楽しみでもあります。

今が生き時。 ここが生き場所。
今・ここ以外に生き場所はありません。
今にすべてがありますね 
よき時を 






スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。