ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-03-23 (木) | 編集 |
掛川少林寺の井上貫道老師のお話しは、シャープに本質を突いて
認識の上でも解り易いです。

井上貫道老師 東京都青梅禅会より
ご丁寧な紹介並びにご挨拶頂きましてありがとうございます。
それほど忙しい者ではございません。
暇だから出てきているので。
というのはですね、誰も一日は24時間なんですね、
だからそれを超える人もなければ、それよりも短い生活をしている人もない程、
あとは何処にいるかだけなんですね。
それで何処にいるかをよーく見ると、
皆さんどういう風に考えているか知りませんが、
掛川から東京まで来るの大変だねっていうけど、この身体ずーっと運んでいる
だけなんですね。
皆さん今日一日だってそうでしょう。
この身体がいろんなところに行っているだけじゃないですか。
それをよく見るといつもここにいるんですね。
ここというのはこの身体のあるところです。
自分がいるんですね。
そういう意味では行き来するものがないんです。
頭の隅で掛川と起点を置いて東京ってやると、掛川と東京まで大変だって思うけど、
この身体をずーっと見てると、ずーっとこの身体のあるところの様子だけがあるんですよ。
どこへも行かない。
そういうことが伝えたい事なんです。
間違いなくそうなんです。
そうすると忙しくなくなるでしょ?
あそこ行かなきゃ、ここに行かなきゃってそんな事無くなるじゃない。
今この身体のあるところのあり方をきちっとやって行けばそれで済む事でしょう。
それでこの後、坐禅をして頂くのだけども、坐禅について心構えという事だけども、
こういう事言ったらいいかと思うんですよね。
人は考えていない時に悩んだ事はない。
どうですか?
自分の中に考えが浮かばない時は悩まない。
どうですか?
そういう体験はわかりますか?
悩むっていう時には、あーどうしようか、あのときに、あの人と、、、
そうやっていろんな事思い起こして
考えてること、やり始めるとものがよくわからなくってどうしようかって
いうことになるんだけども
考えること止めている時はものすごく、クリアーでしょう、物事が。
で、何をするってことも必要のないくらい穏やかに、そこで生活していて
しかも自分のその内容が自分で手にとるように明確にわかって
疑いが一つもそこにはない。
そういうことで坐禅をすることは自分自身を見究めるってことなんでしょうね。
だから、最初から自分のそういう風な姿というものが今現前とありますから、
尋ねなくていい、それが坐禅のおもしろいところですね。
距離がないってことです。
今、間違いなく自分のあり方ですから、
その自分の間違いない自分のあり方がここにあるから、
それがですね、探さなきゃわからないようなものじゃあない。
ということですね。
坐禅をするとき、たずねない、
尋ねないっていうことは、距離がないっていうことですね。
これが坐禅の時の、どういう風にしているかっていう時にこういうことです、
尋ねない、
距離がない、
隔てがない、
これがですね、皆さん方にこういう話をしたときに、なぜか難しいんですよね。
なぜか難しく感じるんです。
それは皆さん、普段生活しているときに、必ず向こうに対象物を置いて、そして
それに一緒になるということをやっているんですねー。
そういう生活しかしてない。
だから対象物もないから、いきなり自分自身の様子ですから、そうすると
探さないということはですね、すごく難しいんですね。
探すほうが楽なんですね。
探すんだったらやることがあるから。
やることがあるといいんだけど、これ(坐禅)、やることないんだよー。
坐っていて、やることがないと、皆さんの頭の中がパニックになる。
どうしてパニックになるかというと、
何もしない、どうするんだろうって考えるからですよ。
それを止めるのですね。
そういう思考を止める。
そうすると、今こうやって身体全体で活動している動きがそのまま、そこにさらけ
出されます。
それを皆さんが見ることが、自分を見究めるって事になるんですね。 』
                     井上貫道老師の庵 まとめブログより

自分を見究める禅修行は、この上なく 楽で 面白く 生きがいに満ちています。
お坐りになりませんか !

  KC431158.jpg



スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。