ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-02-18 (土) | 編集 |
今日は、24節気の雨水だそうです。
冬の氷水が陽気に溶けて天に昇り、雨水となって降る意味で
の言葉の由です。
季節を現わす節気として、様々道具にもして智慧を受け渡し、
受け継いで来たのでしょう。
いにしえ人の祈りや願いも届くようです。

ワークをご一緒した方が、お亡くなりになっていたことを知りました。
「何をしたいのか、何をしてよいのかわからない。 遊べば多少
元気も出るけれど … 」と言われながら、引きこもっておられました。
引きこもりのままでは立ちいかず、自身の意志はいかばかりか …
旅に出られた果ての病死だったようです。

先の東京オリンピックの頃に活躍をされて、その後自死された
マラソン選手がいらっしゃいました。
その方を歌ったという歌が脳裏に響いてきます。
「 父さん許して下さい!母さん許して下さい!
誰のため、何のために生きるのか … わからなくなっているんです。」
というような内容に覚えています。
期待をされ、その期待に押つぶれ、手足をもぎ取られ、思考でがんじがらめ
の刑罰を受けているかのように …
何もしなくっても、もがきにもがいて、戦場に居られるかのような状況だった
のでしょうか。
Sさん、あなたも。

誰のため、何のために生きるのか、何をしたらよいのか!って …
思考・中間領域の罠の中でもがいて、もがいて … もがいても
どうしようもないのですよね …

そう、どうしようもなくっても、どうしないでも … 生命は生きている
のにね。
期待に押しつぶされようとも、それでも生命は生きているのにね。
引きこもっていようとも、どのような状況の中であっても、生命は生きて
在るのにね。
思考のがんじがらめも、がんじがらめのままでも … どんなに苦しくたって
その只中を生きているのにね!

ただ、無条件に 生まれ出て来た時と同じように、見ようとしなくっても
見えているし、聞こうとしなくっても聞こえているし、生きようとしなくっても
生きている … ただ生きているのにね。

この生命をつくったのは誰ですか?
誰のものですか?
思い通りの人生、期待通りの人生を生きて … 死んで、それが万々歳
ですか?
そのように生きたいですか? それでなければダメなのですか?

Sさん、あなたの人生はどんなだったですか?
苦しみばかりでしたか?
どんな旅路だったのですか?
病が 解放を助けてくれましたか ?
そして、今 … たった今、この瞬間あなたはどこにいますか?
どのようにいますか ~~~? いませんか ~~~?

少なくとも、今、私はあなたを想っています。
います  いますよ  いますよ ~~~ 
生きていますよ ~~~
今・この瞬間に瑞々しく生きて います よ ~~~

 早春2017の4




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。