ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-01-17 (火) | 編集 |
日曜に積もった雪で子供たちが作った雪だるまも、お日さまの
温かな陽ざしに溶けて、姿形が失われています。
雪どけ … の春はまだまだ先ですが … 確実に陽ざしは明るく
温かく 強まっています。  
雪国の方々にも よきおとずれがありますように

1年余り禅を一緒に学んでいるアメリカ在住の仲間が、来日して
2 か月間の修行の期間を終えて、今日アメリカに出立されました。
3 度目の来日、合わせて6 か月の修行の期間中、毎日お寺での
朝のお勤め、作務など丁寧にされて、昨年末には在家得度も
受けられて、仏弟子となってのご帰還です。
日本滞在中のお宅を、"我が家 ” にされる適応ぶりと、発言も
含めての積極性、自由自在さと さりげない心使いに"和ごころ”
を感じる素敵な方です。
在家得度の折りには、剣道をなさっていらしたその袴を着られて
の出で立ちで、演出を見事に感じたものです。
得度のお名前のように "蓮の舟 ” で、今度はアメリカに溶けて
いかれることでしょう。
言葉も、文化も異なる"国 ” という境界を溶かし、私 という
着もの … アイデンティティーも溶かすようにして、強烈な自己主張
の国にお帰りです。
禅を生きること、瞬間瞬間の自由自在さを生きることを さらに
楽しまれることと、一緒にワクワクします。
彼女を想いながら、青い空を見上げたら … どこまでも どこまでも
広がっています。
連の舟は … と … 探すことしばらくして、 飛行機✈ が流れ行き、
笑いが溢れて、溢れて 溢れるままに見送りました。

また  今度 
今、ここ 瞬間瞬間 が ゴールの よき旅を 

   蓮の舟
癒し猫きじその4





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。