ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-12-11 (日) | 編集 |
完全な休息安らぎの眠りを頂いた夜の闇から、朝の
目覚めを得て、今日の日のお日さまが誕生して、日輪
を輝かせるのを拝み迎えました。
鳥たちのさえずり、木々の息づきと共に感謝が廻っています。

1年の終わり、締めくくりの今月は、浜松龍泉寺での
禅接心から始めました。
静寂なお堂に入り、幾人集っても乱れることのない
ただひたすら自己に向き合う稀有な時送りをしました。
お堂は、この自己そのものでもあります。
何もしなくっても心臓は休むことなく、活動拍動して
全身に必要な全てを届け、老廃物は腎臓で処理して
くれています。 肺が新鮮な外気を迎え、心臓に送り、
ガス交換した静脈血からまた心臓に戻り、肺が外に
出してくれている … 完璧に整い営まれている生命
活動そのものにもろに触れるのです。
目も、耳も、鼻も口も皮膚も、全身あげての活動と
して、どうしなくっても自動活動として機能してくれている
この完璧さにひたすら任せる時送りです。
整えられた食事・食材の一つひとつとも、お茶や器とも
丁寧に出会って、じっくり味わい、お手洗いも気づきを持って、
大切に使わせて頂くのです。
落ち葉掃き掃除、草取りなどの作務でも、動作ひとつに、
出会いに、心を込めて大切に丁寧に向き合っていく …
日常の生活の在りようとしての いちいちなのです。

私がと言っていた我が、静まってこの完璧に機能
している存在の中に飲み込まれ、抱きとめられて
融かされていきます。
もの心つく前から 完璧に機能し、もの心ついて
自分を認め、どんな風に扱っても … 否定しても、
邪険に扱っても、排除しようとしても、黙って全てを飲み込み
全てを抱きとめてくれていたこのもの …
実存であることがよくうなずけます。

まだ50代そこそこの老師がおっしゃっていました。
「私たちは、小さな存在ではなく、全てを飲み込み
全てを抱きとめる … 宇宙大の大きな存在です。
そして、ゴミのようなものまで飲み込み、抱きとめ
一如のものとして大切に丁寧に扱える … 扱われる
ものです 」と。 
生きとし生けるものばかりでなく、ゴミのようなものさえ
私の兄弟姉妹、もっといえば私自身なのだって …
有り得ないくらいにありがたくって、これまでを含めて
すべてが受けとめられていることが 沁みるように了解
出来ました。

お日さまも、大きな青空も、月も、星も、宇宙そのものも
私といっているこの存在と切っても切れない、別ものではない
ひとつながりの存在なのですね。
ここに悩み、苦しみから解き放たれる大安心の次元、世界が
あるって、そして生まれてこの方 ここをずっと生きて来ている
はじめからそうなんだって …
夢から醒める面持ちです。 
考えても解りようがない、思考を超えての不思議が、この生命体
実存なのですね … 改めての気づきに誘われました。
仏の方にずっと導かれ、護られ、受けとめられて、生かされて
生きてくることが出来ていたことが、やっと了解出来ました。

今、新しいはじまりに生きています。
いつもが新鮮、瑞々しい今で、ただ今の出会いです。
ただただ、ありがたく在ります 
今ここを共に分かち合って、生きあって下さっているあなたに
ありがとうございます 


12月、1月の禅・ゲシュタルトの学びの時を以下に予定しています。
ご都合が良かったら、ご一緒下さい。
 名古屋アクテノンにて 12月24日(土)10:00~17:00 
            1月5日(木)    ”
 豊橋市新川校区市民館にて 12月25日(日)10:00~17:00
               1月29日(日)    ”
いずれも参加費 3,000円 です。
お待ちしています 
 
  落ち葉の蒲団(猫)
 寒くなって来ました。 大切にお過ごし下さい 



 
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。