ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-15 (火) | 編集 |
小春日和で、陽光がポカポカしています。
錦秋という美しい言葉があるように、紅葉が美しい
彩りを見せてくれています。
理由を探してみたって、大自然の彩りは思枠を遥かに
超えて、あるがままの生命の移ろい、輝きを見せて
くれています。
ただ生きて在るのも、何のためとかの理由、思枠を
超えて素晴らしく整って、自動活動が営まれています。
こんな生命は誰のものかって … 誰のものなんてちっちゃな
存在ではなくって、紅葉とも陽光ともひとつになって、広々と
大きく ただあるがままに在るようです。

この瞬間、一期一会の時、今の味わいは再び味わう
ことのない味わいで、そして次の瞬間には跡形もなく
きれいさっぱりとして、次の味わいを味わえる …
ただ生きて在ることの凄さ 
"ありがとう~ありがとう~ありがとう~”
"ありがとう” が いっぱいです

ジャズライブ を楽しみ、カフェ寺での出会いを楽しみ、
そして陽光とひとつになっている 今を楽しんでいます

よき時でありますように

 落ち葉に遊ぶ猫


スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。