ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-09-22 (木) | 編集 |
新生児 … お臍

Eco 通信からです。

お母さんのおなかの中で、文字通り命の綱だったおへそ。
おへその力いっぱいあります。

『 私たちには全員おへそがありますよね。
私たちのおへそは、お腹の中でお母さんとつながっていました。
( 胎盤を介していましたけれどね … 胎盤の赤ちゃん側は
地球色なのですよ … ここは初枝の見たてです )
そこから栄養や愛情や気配や先祖からの遺伝子を受け継ぐことで
肉体が出来、ここに生まれて来ました。
このように、私たちはへその緒で代々つながっていました。
私のおへそは、おかあさんへ … おかあさんのおへそは、おばあちゃんへ …
おばあちゃんのおへそは、ひいおばあちゃんへ … と言うように、
ずっとずっとおへそでつながっていました。
その先の先の先は … どこにつながっていくのでしょうか。
少し感じてみてください。
いのちの始まりがあるとするなら、その始まりにつながっているはず
ですよね。
これがすべての 「もと」 です。 』
          ( 入江富美子 へそ道ブログより)

『 おうちで 「へそ美容」
おへそを温めることで臓器を中心に全身が温まり、便秘や
ホルモンバランスの乱れ、むくみなど身体の不調改善の効果が
期待されると言われます。
人間の身体は、体温が1℃上昇すると基礎代謝が12 %UPする
と言われ、体温が上がると免疫力は 5~6 倍 も高くなるそうです。
ダイエットに効果があるへその周 りのツボには、へそから
指幅 5 本上にある 「中脘 (ちゅうかん)」や、へそから指幅1本上
にある 「水分(すいぶん)」 があります。
それ以外にも、胃腸障害をはじめ、冷え性、生理痛など女性特有
の症状に効果がある 「関元(かんげん)」や、消化不良、
慢性的な下痢、便秘に効く 「天枢(てんすう)」などがあり、
女性のあらゆる悩みにアプローチできます。 』

 お臍のツボ

『 おへそは身体のシークレットボタン です。
おへそ 周り に 大切な 臓器が集まっています。
おへそを触ってほぐすだけでも全身の血の巡りが良くなり、
活力や自信が湧いてきます。
おへその周り にある小腸で幸せホルモンであるセロトニンの90%
が作られるってご存知ですか?
おへそヒーリングで、毎日 5 分 おへそに刺激を与えてみてください。
食事後に眠気が襲ってきた時、仕事で行き詰った時、イライラする時 …
おへそを刺激すると、すぐにおへその周りがほぐれて、感情や考えが
変わるのを体験できます。
大切なおへそをよく管理すれば、毎日が変わるはずです。
5 分 おへそヒーリングで、地球市民の皆さんが 身体も心も
健康でしあわせでありますように …
(注:おへその真上から強い刺激を与えないでください)
             イルチ・イ・スルホン より 』





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。