ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-14 (日) | 編集 |
 涼茶菓子

お盆で実家に墓参りに行って来ました。
二人の弟のそれぞれの家族と私、叔母夫婦と継母の11人の集まり。
集いの喜び、互いの近況を報告し合って、つながりの有り難さを感じ、
ご先祖を交えて、美味しい食事を共にしてのひと時を送りました。
共にする墓参りも、お陰様を感じながら、明るく和やかに墓前に
手を合わせられる 嬉しい行事となりました。
この世とあの世が融合する生命の大きな広がりを感じて来ることが
出来ました。

この8月3日に在家得度を 得て、「清月玄浄」との安名を頂いたことを
私は皆に報告をしました。
死んだら戒名になるので、そこまでは備えが出来ているので、周知
しておいて欲しいことを伝えました。
仏弟子として、生死を超えての安心の名前を頂いているので、後は
いかようにでもしてもらっていいですと
そして、この世で存分に生きるための得度でもあることを伝え、了解を
得ることが出来ました。

集いが、永代供養など先祖を交えての供養の話しとなり、笑いながら
生死を超える話が出来たことは、お盆にふさわしい有り難いものでした。

先祖たちも大地に還り、大自然の中、そして私たち生きてある家族の中
で、今も生きて在ります。
生命は壮大で、そして自然で、ひと時ひと時の出会いの中で、新たに
生まれては息づいています。
甥、姪たち子孫に引き継がれ、彼らの生が彩り豊かに生きられる …
こんな喜びと祈りが、先に生きて在るものたちのものと、 先祖になる
立場から感じられも しての 今年のお盆です。

生命を生きて在ること、生きることの素晴らしい豊かさは、ご先祖から
の賜りものでもある
仏が生きて この世の生を謳歌している … 有り難さがいっぱいです。

 蓮の花

出会って頂いている お一人おひとりに 感謝です
よき時をお過ごし下さい 




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。