ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-24 (日) | 編集 |
蝉しぐれが心地よく聞こえる日曜の朝、室温27℃で
心地よく居ます。

 蝉しぐれ

時を超えてあるこの生命、根っこも無く永遠を感じます。
ただ大自然としてある … 蝉とも一如になって、時雨になって
ただある。
変幻自在に、無が、空が、有が満ちて、妙です。
瞬間、瞬間が変幻自在で、とりどりで賑やかです。
大自然のエネルギーは、言葉を超えて絶妙です。


「 参禅とは、師に参ずるということではない。
 自己に参ずるということ。 」

「 仏道は 自己なり
 自己は 自己 無きなり
 無自己は 宇宙 なり
 宇宙は 無所求 (むしょぐ) なり
 無所求は 天真にして 絶妙なり 」
                井上義衍老師より


思考、認識で捉える前の 事実 は、一期一会の
絶対、迷いようもない 絶妙 のもの 。

はじめから救われてある 仏 の いのち が 息づいて
瞬間 を 生きて 変幻自在 しています 。


ナマステ  
よき時でありますように



スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。