ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-10 (日) | 編集 |
 輝ける地球

数多の生命たちが息づき、生活している地球。
今も、宇宙ステーションからこの地球を見ている人たちがいる。
ひとつの地球を、大地を、資源を、我がものとして奪い合う愚かさ
に気づこう。
生かされているこの星の上で、生かされている人間同士が、
戦争を繰り広げている 悲しさ。
戦争をビジネスとして利用して、武器を製造して売っての利益に
狂奔する人たちがいる … 信じ難くって、現実なのだろう。

地球は、いつまでこの愚かさを黙って受けとめつつ、耐えて
くれるのだろう。
戦争をし合っての人口調整として 見ているのだろうか?

人間とは、生かされている生命とは …
生まれ来たことすら知らずに、いつの間にか家族・社会
システムに組み込まれているこの存在とは …

生命の声を聴こう。
地球の声を聴こう。
宇宙の声を聴こう。
自動能を有する心臓を動かしているパルスに、意識を向けよう。
このパルスがもたらされるエネルギー・フィールドに開いて
みよう。
小鳥の声も、木々の葉擦れの音も 同じいのち、仲間の
声として聴こえて来るではないか。

人間、ひとり一人、誰がつくったのでもない かけがえのない 存在。
同じ人は一人としていない 地球の、宇宙の 大切な宝もののひとつ。
気づいていこう 今、この瞬間のかけがえのなさに。
出会いの妙に、一期一会に  

この生命、生かして下さっている全ての縁、地球、月、太陽と太陽系の
兄弟星たち、銀河系宇宙、そして広大無辺な宇宙に 感謝  

身近な存在のあなたに 感謝

犬猫の昼寝

よき日でありますように





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。