ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-06-30 (木) | 編集 |
今日は、友人と玄妙さんを訪ねて来ます。
富山出身の友人は、抗がん剤治療を受けて、難治の
癌と言われる病の軽快を得て、今左膝に限局した痛みと
仲良くされています。

玄妙さんも富山の尼僧堂で修行の日々を送って、今
浜松の曹洞宗のお寺さんの庵主さんになっておいでです。

3人しての出会いが何をもたらしてくれるやら、楽しみです。

井上哲玄老師が、"花咲かじいさん”の話しをしてくれました。
花咲かじいさんの咲かせる木は、枯れ木でなければならない
とのこと。
欲得が枯れ切って、自分が自分がの自我意識も枯れ切って、
幼子のように無我・無心・無垢・無欲なればこそ、花を咲かせ
られるようなのです。
蒔く灰はというと、縁なのだそうです。
天心爛漫・無垢なる 出会いの縁によって、蒔く人にも、蒔かれる人にも
いっぱいの花が咲く由。
何とも、愉快で、自由で、嬉しく、楽しいお話。
深っかいですね~~~  昔話も。

さてさて、今日の出会いは、花が咲きますやら
如何なる花が咲きますやら 

一期一会のよき時を過ごしましょう

   猫の画像2
アガパンサス




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。