ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-30 (月) | 編集 |
ゲシュタルトアプローチの師ポーラは、2001年9月10日に
ご自分を卒業され、GNPRも私たち教え子も卒業されて、
ご自身が「私を想う時は青空を見て」と言った青い大空に
なっていかれました。
自由で、遊び心満載で、全てから解放されて逝かれたことが
了解出来たことが、ポーラの最期のプレゼントと思ったら、
最近、頂いていた遺品が中宮寺の弥勒菩薩の写真であると
わかり、こんなところに招かれていたんだ~とは、今の私の
了解です。

KC431243.jpg奈良中宮寺弥勒菩薩2

左側の写真がポーラからのプレゼントです。
携帯カメラの光源やらいろいろが映っていますが、今の様子です。
右側は、ネットからのもので、奈良の中宮寺は、尼寺の由です。

"生死の中に仏あれば 生死なし ”とは、道元禅師の修證義
の最初の部分にあります。
"生死なし” の世界への招き、導きに感じ、嬉しくありがたく
「自分を解き放って、自由に遊んで~」 が届いています。

さらさらと流れ、片時も同じ時はない今この瞬間は、また
不思議な出会いにもいざなってくれます。
無条件で、無償で、無限で、永遠の仏の世界。
無頓着や、無分別が大切にされる仏智の世界。
もの心つく前の … 今も思考が入り込む直前のダイレクトに
そのものと一如になってある世界。
従って、どんなに考えに考え、悩みに悩んでも解りようの
無い世界。
思考から解き放たれ、自我が無になってはじめて体験
できる 本来の在りようの世界。
一如になっている時には認識も働いていないので、後付け
でも認識出来て 初めて悟れる世界。
この境界がはっきり認識出来て、もう迷いようがないとして
迷いのない在りようを生きることが出来る世界。
いかようであっても、生まれる前から離れたことのない世界 …
ここから、いつもサポートされ、招かれ導かれているようです。
孫悟空がそうであったように …

「大海原に安心して身を任すように、安心に解き放って
信頼して委ね、任せて … 自由に遊んで~~~」
有り難い招き、導きです。
ありがとうございま~す 





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。