ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-28 (月) | 編集 |
KC431202.jpg

愛知県と静岡県の県境として使われている川と流れです。
JR線の新所原駅から南1Km位の所で、実家への歩き道にあり、
中に入って土筆に出会ったり、菜の花の中に身を埋めたり、
鶯の鳴き声にも触れて、穏やかで嬉しくなりました。
川は流れない、水は流れる ・・・
時間は流れない、時は流れる ・・・
この前、物理の先生が言われていた言葉も思い出しました。
そして、しみじみと県境は人為的に作られたもので、自然には境界
が無いことも味わいました。
人為的に作られたものと、自然の様子の在りようを、自分に見ることも
面白いものです。
元々生命体として備わっている機能・働きと、名前や自分と認めている
考え方、社会的に後付けで身につけた価値判断など中間領域に
属するものものたち。
これらがはっきり区分できると、自分に自分が誤魔化されることが
少なくなって、楽に生きられるようになります。
大自然は、誤魔化しようがありませんものね
生まれて間もない赤ちゃんでも ・・・ 胎内からですが、無力でも何でもない
完璧な機能 ・・・ 生きる機能を身につけて出現するのですね
存在の凄さ 余りにも知らないで生きて来ている 自己に
今、学んで 、嬉しく、有り難く 、当たり前の 瞬間瞬間が 、楽しいものに
なっています 
桜 … ソメイヨシノも、チラホラ開花して来ました
大自然のギフトを 存分に 頂戴 しましょう 

  KC430791.jpg





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。