ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-16 (火) | 編集 |
 ベッターホルン
スイスのベッターホルンです。
アルプスの少女ハイジの世界に憧れる従姉と、30年程前に
旅をしました。 
当時から、山の上にも水洗トイレがある綺麗な世界で、
高山のお花畑にうずまって、至福を味わっていました。
今、この在りようが〝 ここ ” に在る … 幸いを感じています。

OSHO カードの TRAVELING に
「生はつねに、つねに、連続したものだ。
それは最後の目的地に向かって進んでいくのではない。
巡礼そのもの、旅そのものが生なのだ。
どこかの地点に行き着こうとしているのではなく、ゴールは
なく … ただ踊りながら、巡礼の内にあって、どんな目的地
も気にせずに 楽しく進んでいく …
余計な苦労や計画は必要なく、旅そのものがゴールで、
巡礼そのものが聖地として、今ここの一歩一歩を歩む
これ自体が大切なのだ。」
とあります。

禅では更に、連続したものとの捉え方すらありません。
生じては立ち消える 瞬間瞬間 … 思考が入り込む余地も無い、
従って思考が生み出した時間も空間も距離も、私意識 も 相手もない …
瞬間 …
もう二度と生きることがない一瞬の 時間も空間も距離も、自他の区別もなく、
ダイレクトで 生の 出会いを、縁によって生きているのが事実である …
この事実、日常生活にある事実に即して、瑞々しい一瞬一瞬を、
自由自在に生きている … これが自然の在りようだって …
これしかないって …
教わっています。
その上で、人間が作り出した社会生活を、自由自在性をもって、
いかようにも生きたらいいって … 泡のように浮かんでは立ち消える
思考・記憶 は、放っておけば自然に立ち消えるし、思考も道具
として、自由自在に使ったらいいって …

2500年前にお釈迦さまが体験して、伝えて下さった在りようが
今に生きて在る … 色あせることがない事実の永遠性は、
素晴らしいです。

今日、今・ここの太陽の光、輝きがあります。
鳥もさえずっています。
ありがとう 今・ここ … 再び出会うことのない 今・ここ …
今・ここの命




スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。