ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-01 (月) | 編集 |
オリンピックイヤー、うるう年の2月の始まりです。
毎月1日は、いつものマーケットの5%割引デーにて
買い出しに行って来ました。
いっぱいのひとで賑わい、活気づいていました。
食の喜び、楽しみ、そして大切な生命の支えの品々があり、
満足な買い物ができて、感謝があります。

野菜達

先日お会いした戦中世代のご婦人のお話しです。
まだ小学低学年の頃のことだと …
可愛がって育てていたウサギを供出するようにとの達示が来て、
指定の小学校に連れて行くと、目の前で首がちょん切られて、
皮を剥がれ、肉になった一部をビニール袋に入れられて渡された
そうです。
余りの衝撃に、泣いて泣いて家に辿り着くと、おばあさんが
そのウサギを料理して夕食に出されたそうです。
絶対に食べないと頑張ると、おばあさんからウサギの命を無駄に
捨てるつもりかね! 食べて頂いて、自分の命として生かしてこそ
報いになるのではないのかね!と言われ、泣く泣く食べました …と。

お聞きして、はらわたに沁みました。
その方の息子さんが、医師ながら動物実験に反対、倫理に背く
様々な医療の在り方に反対して、生き難さを抱えておられる様子に
提供される命にも報いる医療をするように …と諭されるようにも届きました。

お話しを聞いて、私が育った実家でも一時期肉牛を飼っていて、
育てた牛を市場に出す時に、踏ん張って嫌がるし涙を流す話しも
父親から聞いていたことを思い出しました。

たくさんたくさん、たくさんたくさんの命を頂いて、今この私があります。
たくさんの命に養われ、生かされているこのものが、私です。
ありがたく在り難く、感謝が堪えません。
大切に丁寧に、愛しみ、親しんで生きましょう。
幸せに喜び生きる使命もあるようにも感じます。

こんなワークをご一緒したいです。
お会い出来たら、生きて生かされている 幸せ、喜び、楽しみを
是非、分かち合いましょう 

 ワークショップのご案内です。
① 2月4日(木)13:00~15:00 名古屋アクテノンにての個人セッション
② 11日(木)10:00~17:00    ”      グループセッション
③ 21日(日)13:00~17:00 豊橋市新川校区市民館にての
                  グループセッション
④ 14日(日)10:00~14:30位まで チャクラコーディネートセッション
               名古屋アクテノン2階和室にて
     群馬から藪塚陽一先生をお迎えしての講義と実習です。
      ( 主催者は、ゲシュタルト仲間 K さんです )
    いずれも参加費 5,000円(当日会場払い)です。
    ご参加をお待ちしています

  猫柳

間もなく節分 … 春がそこまでやって来ているようです
良い時をお過ごし下さい 



スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。