ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-19 (火) | 編集 |
昨日一週間になるしと、別れを覚悟する記事を書いたところ
今日になって、あるお宅からお電話を頂き、「倉庫を開けたら
どうも猫らしい微かな声がするから、来て見て欲しい」
とのことで、喜び勇んで出向き、そのお宅の人たちが外に
出て待っていてもらっている間に、呼びかけると 反応して姿を
現わし、サクラと確認できました。
倉庫のドアが開いている間に、どうした訳か入り込んでしまって
いたようでした。
外に誘導して … 一週間断食状態なので柔らかな缶詰を
差し出すと、持参した全部を平らげて、元気な様子を見せて
くれました。
良かった~~~
まだ、生きてご縁があったようで、嬉しいです。
そのお宅も、「ご免なさい! 倉庫でウンチやオシッコをしている
かも知れない」 と言っても 「大丈夫!」
「 連れて帰りたいけれど家の事情があって 」 と話しても、
「この子はここで暮らすのが一番の猫だから … 今まで通りで
大丈夫!」と言って頂けました。

まさしく、地域猫として大切に接して頂けて 感謝いっぱいです。
仲間にも早速に連絡をして、喜びあいました

「今夕にまた会おうね!」と言うと、サクラはいつもの場所に
休養に行ったようでした。

一件落着で、ありがとうございました 。
「 永遠のサクラ 」の永遠は、今日、今・ここです

すべての ご縁に感謝です  

  癒し猫その2
   ご心配をかけました  ありがとうね!





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。