ゲシュタルトに出会って、人生を取り戻したはっちゃんが、時々の旅路の様子、想い、感じたことを記します。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-04 (月) | 編集 |
癒し猫きじ

O 市 の娘さん宅で、お孫さん共々お正月を過ごされた友人から
久々の電話です。
スマホを水浸しにしてしまって、連絡のしようがなく今となったと。
治療 3 回目を終えて、12月17日に退院後、体調も回復して
2時間半のゆったりした散歩を 楽しんでいる由です。
悪性のリンパの病 からの回復途中は、歌でも有名な観音さまに
出会ったりしながら、自由を生きはじめられておられる様子です。

代替医療にも心惹かれながら、今回は娘さんが勧める西洋医学
の治療を残る 3 回 … 2月の頭までを費やして受けることに決めて
いると言いながら 自由 談義をしました。

浜松龍泉寺の井上哲玄老師が言われます。
「 水は自在にして方円に従う と言われますが、従うのではつまらない
ので、水となって自ら 方円を自由自在になす在りよう … これが禅の
在りようです 」と。

そう、代替医療も一つではあるけれど、これに固執する我を流し忘れて、
愛をもって勧めてくれる娘さんの意向 … 西洋医学的な 治療 を、
自ら選んで受けてみるとのことです。
治療の方法は様々でしょうが、これを選び生きる在りようが問われている
と明るく、爽やかに、元気な声で 話してくれました。
水となって、方円を自由自在にされる … この自由を冒険心をもって
生きてみられる様子が伝わりました。

こんな談義が出来るのはそう多くはいないと、私との出会いを喜び
楽しんでもくれて、私も全く同様の思いでいることを伝えました。
病も はさんで、これも身の内にあるもの … 闘病ではなく、仲良く
もしながら、折り合いつつ治療をされていくことが、如何に展開をして
いくのか 、どのような世界が拓けてくるのか … 本当の冒険に
同伴させて頂いているようで、ありがたく ワクワクもします。

ともかく、いかなる状況に居ながらも、自由を選ぶことが出来るのは
最高の 今・ここ で すよね  





スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。